フォトアルバム

お茶の大和

情 報

暮らし/サイエンス

ブログ

« 中国産食品の汚染? | メイン | 体内時計 »

2015年7月 9日 (木)

かまど君とぼけ

かまど君とぼけ 

去年のある朝、炊飯器が壊れてしまいました。そこで土鍋でご飯を炊くことになったのですが、経験がないため手探りのご飯作りになりました。

始めちょろちょろ中パッパ

赤子泣くとも蓋取るな

母が釜戸で炊いていたのを思い出しながらの初挑戦!出来上がったご飯は?

おぉ 上手く炊けてる 美味しそう

 次の日も私が炊きました。ところが前の日のようには美味しく炊けていません? それからが試行錯誤の連続です。どうしたら美味しく炊けるかと、ど壺にはまったというか!?

 先日、急須(商品)を仕入れる際に“かまど君”という土鍋を買いました。一応説明書を読んで炊きました・・・。美味しい!! 子供のころ母が作ってくれたご飯がよみがえった思いで、その日の朝食を済ませました。

男子厨房に入らず

で、育った自分が二度目のパラダイム転換です。一度目はまだほとんど料理の経験が無かった時、白菜だったかを調理していて、砂糖も何も入れていないのに甘みというか旨みが出て「料理は化け学」だと思いました。その後、少しづつ料理をするようになりましたが、今回はなつかしい“おこげ”が食べられたことです。それまで使っていた炊飯器でも、“おこげ”を作る事が出来ましたが、子供のころの“おこげ”は期待できませんでした。その期待できない”おこげ”が出来たことは、うれしいパラダイム転換です。

 何でも便利になったことはうれしいことですが、便利さを追求しすぎて、忘れてしまった素敵なことが、沢山あるのではと思います。

マシンに頼るのではない生活は、確かに面倒ですが、頼らない生活は、少なくともボケ予防には役に立ちそうです。

“かまど君”の欠点 重いので力のないお年寄りには不向き・・・残念

お茶の大和 店主

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。