フォトアルバム

お茶の大和

情 報

暮らし/サイエンス

ブログ

« お茶を美味しく!! | メイン | かまど君とぼけ »

2013年4月28日 (日)

中国産食品の汚染?

緑茶や干し椎茸等中国産食品の鉛・カドミウム汚染を独自調査 ニュースポスト 5月号

 日本は、年間約1兆円もの食料を中国から輸入している。残留農薬が問題になったことから生鮮野菜は敬遠される傾向にあるが、食材は加工食品に姿を変え、毎日の食卓や外食の材に供される。これらに汚染された食材は含まれていないのか。本誌はサンプル調査を実施した。ジャーナリストの鵜飼克郎氏が報告する。

―中略―

 「最近は、お湯で溶かすだけの粉末茶・粉砕茶が出回っています。業務用給茶機や飲食店向けだけではなく家庭用もある。これはお茶の葉を粉々に砕いたものなので、鉛が入っていればまるごと摂取してしまうことになります」

皆さんはどのように感じておられますか?

お茶の大和   ティータイム

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。