フォトアルバム

お茶の大和

情 報

暮らし/サイエンス

ブログ

« 2012年6月 | メイン | 2012年9月 »

2012年7月

2012年7月 8日 (日)

お中元

 道教では、1年を三つに区切り、その最初の日に太乙(タイオツ)という最高神をまつり、自らの罪をあがなう行事を行っていました。この三つの区切りとは、、1月15日の“上元”7月15日の“中元”、10月15日の“下元”です。(上元、中元、下元の三元は、人体の上部、中部、下部を司る神の意もある)。
 これが日本に入ってくると、贖罪の日という観念は薄れ、上元は小正月に中元は盂蘭盆会に吸収され、節日の一つになりました。そして上元、下元はいつの間にか忘れ去られ、中元だけがお盆の贈答という形で今日に生き残ったのです。⇒
年中行事 

 

 中元を贈る期間は七月初めからお盆の前までとするのが習わしです。これは中元の贈り物が本来は祖霊への供え物だったことによります。
 時期をはずして熨斗紙の書き方をご相談される方には、“暑中御見舞”立秋を過ぎていれば“残暑御見舞”という書き方も提案しています。


 お茶の大和  ティータイム